シャンプーとは

シャンプーは、髪や頭皮を洗浄するための洗剤です。今では、ドラッグストアに行けばどれを選んでよいのかわからないくらい、たくさんの種類を目にすることができます。

商品名だけでなくシャンプーに使われる成分によって、シャンプーの種類は分けられます。最も多く長きにわたって販売されているものは、「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれ、界面活性剤の洗浄成分が多く含まれるために、泡立ちが良く洗浄力も強力です。界面活性剤は、本来混じりあわない水と油の界面(表面)に働きかけ混じりあわせることができる成分です。自然のものもありますが、ほとんどが合成で作られています。強い洗浄力は、頭皮をきれいにする反面で、必要な脂分までも洗い流してしまうことがあります。脂分が過剰に奪われた頭皮は、脂分を余計に分泌させ頭皮を守ろうとします。そのために頭皮がべたつくようになることがあります。そして、これらのシャンプーにはシリコンが配合されています。

シリコンはキューティクルに付着し、髪をコーティングする作用があり、髪の艶や手触りを良くする効果がありますが、洗浄の時にシリコンが流れ、はがれるのと一緒にキューティクルもはがれてしまったり、シリコンが頭皮に付着したままであったりすると、頭皮の毛穴が、シリコンによってふさがれ髪の成長を阻害してしまうこともあります。成分は同じ高級アルコール系シャンプーでも少しずつ違いますから、成分表示をよく確認してから使用し、シャンプーの洗浄成分を頭髪や頭皮に残さないように、洗浄の後、きちんと洗い流すことが大切です。

<人気のサイト>
他の高級系のシャンプーとしてはアミノ酸シャンプーなどがあります。ご参考までに > > アミノ酸シャンプー

 

Copyright © 2014 シャンプーの種類 All Rights Reserved.